W126

W126 ロアアームボールジョイント、30年目の改修 抜けない!

5月以来、UPしていませんでした。
日々増えていくバックオーダーと、色々なお付き合いに阻まれ、ブログというものにズボラになっています。

さて、久しぶりに自身のW126ネタを。
来週WERKEさんが主催で開催される、恒例のツーリングに参加するべく、
ちょっとは自分の車のメンテをしておかないとまずいと思い、去年あたりから異音が
しだしたフロントロアアームのボールジョイントを、やっと作業する事に。
Ncm_2012

ここまで漕ぎ着けるのが、意外と至難の業ww
お客様のクルマはリフトアップすることはあっても、自分のまでは手が回らないんですorz

Ncm_2016
ボールジョイントのブーツが割れている。
来年で30年目、果たして抜けるのか?

Ncm_2019
私の場合、左右両方作業の場合でも、必ず左からやる癖があるんです。
日本の場合、大多数のクルマは路肩側の損傷が酷く、作業に難があるのも大方が左。
だから、酷い方からやる癖が・・・

Ncm_2024
ナックルが抜けたので、これに圧入されているボールジョイントを・・・固そう!抜けるのか?

Ncm_2026
プレス圧10トン。
意外と軽く抜けるもんですね。

Ncm_2029
抜くより入れるほうが、アームの形状的に、難有り(><)
W220用のスペシャルツールなどを組み合わせて入れていきます。
この辺、手がものすごく汚くなって、写真撮れてません。

Ncm_2031
やっと左側、メンテ完了。

次は右側・・・と思って見てみたら、右の方が酷い事に・・・つづく

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ