第15回 金沢クラシックカーミーティングin 祝 小松移転20周年 日本自動車博物館 後編

前回からひと月も、空いてしまいました。
この夏、急激な猛暑でエアコン修理に追われ・・・
猛暑で、オールドタイマーが次々悲鳴を上げて入庫。
現役32Bitグラフィックステーションが、ついにグラボの不調を起し、まともにUPできておりません。今現在も、セーフモードWithネットワークで、クソ重い状態からのUPとなっております。

さて前回、メルセデスベンツ180D 1954年式のお話をちらっとしました。

ちょっとだけ予告編。
https://www.youtube.com/watch?v=GylIpyBmy0U

先日の金沢クラッシックカーミーティングにて。
普段は小松市の日本自動車博物館2階に展示されている、メルセデスベンツ180Dという、いまから61年前のに輸入された車両に、幸運にも同乗させていただきました。 http://mmj-car.com/carlist/2f_12.html
ワンオーナーで50年、75万キロを走り続け、ドイツのメルセデスベンツ本社から2度もの表彰を受けているというこの車。10年ほど前に横浜在住のご夫婦がこの博物館に寄贈されて、年に一度ご夫婦で逢いに来るのだとか。
オーナーの篠塚さんと少しだけお話させていただきましたが、1954年当時には横浜と神戸に各12台づつしか正規で輸入されなかったうちの一台なのだとか!
”毎年、これが楽しみなのだわ”と微笑む奥様。
ステキすぎる!


PCが不調で、画像を編集できないので、FBからの画像を拝借。


11252640_635861963217912_8905642066
オーナーご自身で、運転される。
その後席に同乗させてもらえた幸せ。

11705187_635862166551225_3426884241
この機会を作っていただいた、werkeの広葉さんには、大変感謝です。

もっとUPしたかった!
PCがダウンしていてこれが今宵限界です。

スマホアプリも、niftyの改悪?で使えなくなり、満足にupできない状況。

告知 金沢クラッシックカーミーティングに参加します

1437488613307.jpg
こんばんは。

1437488610811.jpg
日々勉強の管理人であります。

1437488611810.jpg
メカニックなのか?IT屋なのか?
判らなくなる一方ですがwww

さて、来る7月26日ですが、石川県小松市の日本自動車博物館にて開催される、「第15回金沢クラッシックカーミーティング」に、
私のW126と、ともきちさんのW114が参加する事になりました。

それに向けて、着々と準備・・
1437488612560.jpg
もせず、急に暑くなった日本列島から現実逃避したくなって、お布団干しさせられてる、一応Sクラスww

もし、機会があればお会いしましょうm(_ _)m

W211定番の足回りからの異音 ロアアームボールジョイント交換

今月も、なんだか一瞬で過ぎていった気がします。
相変わらず、日々メルセデスをはじめ、他所で見放されたとか診て貰えないのを
愛でておりますwww

Ncm_1755
今月は何かとイベントが多く、6月の初めにはこんなメンバーで、能登は輪島までプチツーリング。
Ncm_1756
クラッシックカーミーティングなのに、同行した上の911や2002なんて、充分参加資格がありそうwww

Ncm_1776
いたいた!初日は、この友人T所さんのヨーロッパがピカイチ!

Ncm_1838

Ncm_1812
次の日も、友人のスーパーセブンなどと一緒にツーリング@能登空港 イベント2日目。

2日目は友人のベック550がいたりして、初日の輪島より台数が多く盛り上がっていました。
Ncm_1830

さて・・・

今回は、定番の故障? 消耗品は定期的に交換しましょうというお話を。
奥のR230はEZSが悪いのか、まだ結論が出てないので、先に手前のW211のフロント足回りからの異音について。
Ncm_2059

ギーって変な音が酷くなってきたと入庫してきた、10万キロ突入のW211。

Ncm_2066
おっと、画像が90度時計回りになってしまってますが、このW211の足回り、
かなりの確立で、ハンドル切ると、ギーって音がするようになります。
こいつも左側がもう、ギコギコ五月蝿い!

Ncm_2068

銀色のがスラストアーム。
スマホカメラがクソ過ぎて、全然判りませんが、もうブシュに亀裂が入って交換時期なのは明白。

Ncm_2073
仕方ないので、さくっとタイロッドエンドを外し、スラストアームを外してみた。

Ncm_2075
そして、ロアアームボールジョイントを交換する秘密兵器が登場。
外してプレスしなくて良くなった分、かなり工期短縮できます。

Ncm_2076
作業しながらなので、ちゃんと撮れていませんm(__)mが、抜いたボールジョイントは
もうくたびれていて、もう少し使うとボール部分が痩せて抜ける危険もありました。

Ncm_2080
スラストアーム側は、お客様のリクエストもあり、安心の某メーカー製新品に交換。
こいつのボールジョイントも、ロアアーム側程ではないが、やはりくたびれている。

Ncm_2077

Ncm_2082
左が終わってヤレヤレ。
右側も同じように交換していくと、塩カルを撒く、富山の冬の影響もあって、錆びて固着していたので、夕方まで掛かってしまった!
しかも、自慢の特殊工具のボールネジ部分は、過大な負荷で若干ダメージを受けてしまうorz

塩害が酷いこの地域は、致し方ありません。

さて、もう7月。
皆様、夏風邪・夏バテに御自愛くださいね。


W126 1/4世紀を共にして、12回目の車検とメンテを施す

Ncm_1405
毎回書いているのですが、ラテンの車も、ゲルマンの車も、どいつもこいつも漏れなく壊れてきます。

そういう日々が続いてますが、製造から28年目にして私の所に来て25年目の僕のW126
300SEが12回目の車検を迎えました。

Img_20150515_115250
奥に見えるのは、50万キロに突入する勢いの、千ちゃん号W124。
どっちもお口を開けて、施しを待っていました。
私の方は、Kジェトロの燃料エア配分の調整や、エアクリーナーの清掃、プラグ清掃。

Ncm_1067
定期的なATのメンテナンスをはじめとする、油脂類・冷却系のメンテ。

Img_20150515_115359
今回のメンテは、機関よりも外装の補修と磨き上げがメイン。
冬の寒さか?フロントバンパーに突如入った塗装のクラックを補修して。

Img_20150515_120054
冬の間に堆積した、鉄錆を除去したり(真冬は乗らない事にしているんですが、どうしても巻き上がる鉄粉が付いてくる)して、ボディコーティングの下地をしっかり生成して。

Img_20150515_115417
車検もいくら自分で通すからと言って、妥協はしません!しっかり計測。

Img_20150515_115519
プラグ清掃やオイル交換、燃調の最適化を施してあり、下手な○ヨタの営業車よりもクリーンな数値が出ています。
ブレーキも、毎回フルード交換しているので、キャリパー固着なども無くシッカリ効き、HID化してあるヘッドライトの光軸も、基準値をクリア・・・優秀www

Img_20150515_120219
2年ごとに施工しているのが、デュポン社のテフロンコート。
3本の液体を混ぜて塗布しなければならないが、塗っているとツルツルになる実感が嬉しい。
Img_20150515_120248
塗りこみ磨き倒す!

Img_20150515_120308
乾かす!

Img_20150515_120548
拭きあげると、廻りの景色が写りこむ。ウットリww

Img_20150515_120347
最後に外していたエンブレムを貼り付ける。

Img_20150515_120439
私のラインナップの中で、唯一クローズドボディで、唯一ボディーコーティングされたW126
隣の青いフランス娘は着ざらし洗濯ざらしの風合い、もう片隣のミリタリーは、初めから艶消し塗装で、正に三者三様です。

25年目の私のファーストカー。
これからもずっと、私の看板として維持していくことでしょう。

CAN通信の乱!軽から大型まで

4月に入ってから、夏日になったと思ったら急に一ケタ台まで気温が落ちたりと、
相変わらずの異常気象な感じが続いておりますが、皆様お元気でしょうか?

Ncm_0877
やっと今週になって季候が安定して暖かくなってきた、ここ富山。
日曜日には、名物のチューリップと、時々開催されている気球のイベントをバックに
下駄代わりに使っている、Peugot206ccで朝のひとコマです。

さて、この四月に入って何故か連発している(今まで以上に)のが、
和洋・大小問わず問題を起こして入ってくる故障。

Ncm_0715
このスマートは、オートマチック/マニュアルモードが上手く切り替わらなかったり、
意図しないエアコンの動きをしたり。

Ncm_0802
このいすゞ4tトラックは、エンジンチェックランプが点灯して、過給圧が上がらず
力が出なかったり。

Ncm_0799
マツダデミオは、ABSにエンジンチェックが点灯、さらに電動パワステも点灯して効かない状態になったり。

Img_20150423_080123
このR230は、エンジンが掛からなくなったり。

Ncm_0728
smartは、とりあえず、ヒーターレジスタを疑うも、特に問題が無く、診断ツールでスキャンしてみたら、ワンサカとエラーコードを吐き出してくるではないか(笑)
で、どれもこれも、CAN communication のエラーを返している。
どうやら、バッテリー電圧が不安定となっているようだ。

Ncm_0793
そのうち、E46もDTC故障で入ってきた(^^;)

Ncm_0928
いすゞトラックは、U0110コードで、やはりCAN系統の異常とターボコントロールユニットとの通信不良を返してくる。
CANのツイスト線を辿るが、ECM(エンジンマネージメントコンピュータ)との回路に問題はない。
割愛するが、エンジン側面に這わせてある、ハーネスの電源ラインに異常を発見。
ここまで至るのに数日を(同時進行でやっているから尚更)要したorz

Ncm_0818
賑やかなインパネ警告ランプのデミオDY3W型。
Ncm_0919
これも、途中のプロセスを割愛するが、最終的に行き着いたのが、ABSユニット。
調べてみたら・・・あのBMW、ボルボ、ベンツでお馴染みのA○e社Made in  Philipines・・・・だめだこりゃ!

Ncm_0910
なんだか、私の作業環境周囲は、おびただしい回路図とPCと診断ツールに囲まれてしまう毎日。
本当にメカニックなのか?IT屋なのか判らなくなってています(^^;

さて、R230については、これも同時進行で調査のため、後日に続く
(多分、EIS系統なんだろうなぁ?)


S203 ESP故障の訳

こちらでは、北陸新幹線がついに開業して、ちょっとしたお祭りになっています。
NCM_0544.JPG
停車するのを見ているより、通過していくのを見てた方が楽しい(笑)

そんな開業直後、東北までこいつのグランクラスでちょっとお出掛けしてきましたが、それはもうちょっと時間に余裕出来てからお話したいと思います。

NCM_0174.JPG
さて、バタバタしまくりの年度末ですが、
ESPコショウという表示が消えないS203(W203ワゴン)がやってきました。

NCM_0216.JPG
NCM_0215.JPG
次々でてくるインジケータ(笑)賑やかだなぁ

NCM_0193.JPG
ステアリングアングルセンサーかな?と思ったら、どうもエラーコードが違う?

NCM_0197.JPG
リア側センサーの電源がおかしい・・云々
リア側センサーの反応が無い。

でもって、カプラーを抜いてみたら。
NCM_0201.JPG
おいおい!カプラーの内部から浸食してるなんて!

NCM_0204.JPG
スペアタイヤとリアシートの間のカーペットボード剥いでみたら。

NCM_0223.JPG
リア側センサーのコネクターは車内側から浸水。ESPヨーレートセンサーも同じく浸水。

雨漏り箇所を調べてみたら、どうやら右テールランプとボディのシールが悪くて、水がリアクオーターパネルを伝い、ここにお池を作ってしまい、センサー達が入浴してしまったようです。

新品、メチャ高くて、お客さんちょっとビックリされていました。
さらに、錆びたコネクターカプラー付のセンサーも交換となってしまいました。

NCM_0226.JPG



ラテン車弄り Peugot206cc を仕上げ中

月一の更新がやっとの、メルセデス奮闘記管理人です(^_^)ゞ
年明けは大雪でスタート
NCM_0300.JPG

NCM_0257.JPG
突然の大雪で、事故ってくるブツが多発。うちのS203も、横からスリップしてきたクルマにつっこまれてきたり。

NCM_0261.JPG
屋根に積もった雪が、ガラスに落ちてきて、ワイパーアームを折ってしまった白いS203や。

NCM_0366.JPG
ハンドルが急に重くなったと訴えてきた、お隣金沢市で走っている、黒いS203は・・・
NCM_0363.JPG
ベルトアイドラーが、恐らく急激な気温差湿度差の、過酷な北陸の環境に耐えられなかったのでしょうね?

それにしても、今回S203ばかりだなぁ(笑)

後は、BMW奮闘記にしても良いくらい、E87の1シリーズからZ4ロードスターまで、右往左往しておりました。

さて、代車用にと買ってみたプジョー206ccというブツ。

NCM_0510.JPG
次々来る、オールドタイマーへの対応に追われ、構ってやれる暇がありません(笑)

NCM_0103.JPG
走り出すと鳴る、ピロリ・ピロリ♪っていう警告音。

NCM_0212.JPG
一瞬の晴れ間に、電動オープン作動させてみたら、オープン動作が終わっても、油圧モータが止まらないし、作動完了のポーンっていう音も鳴らない。
サイドウインドウも、オープン状態では動かない。

NCM_0169.JPG
どうやら、このリアゲートに仕込まれた、沢山あるリミットスイッチが悪さしているらしく、調べてみたら・・・

NCM_0555.JPG
右のラッチが戻りきっていない!
ワイヤーがひとつ切れていた様子。

理由が判ったので、このラッチを感知しているスイッチ回路を、ちょっと弄ってみたら。

NCM_0584.JPG
10Km/h以上で鳴き出す、ピロリ♪音もなくなり、ルーフの解除と、動作完了のポーン音も復活、
サイドウインドウも、動作するではないか!
春のオープン時期までに、ちゃんとワイヤー修理せねば!

NCM_0543.JPG
やっつけで、そこら辺にあったH7のHIDを入れてみたり、ナンバーランプや車幅灯も切れていたついでにLED化して若干の節電。

ちょっと動作が変な、AL4なるトランスミッションも、ちゃんとメンテしようと思います(暇があれば)



E87 ZF製ATフルード交換

9月ですね。
8月は、ハンパなく公私走りきった感があり、夕べもジャズと冷酒を楽しむ会へ。
NCM_8409.JPG
NCM_8410.JPG
白山氷室、シャーベット状の辛口を頂きつつ。金沢の篠崎文さんの心地良いジャズで、8月は休日ゼロ、休暇13時間のご褒美でした。

さて、エアコン修理も沢山してましたが、その中でE87 120iのATメンテナンスをお申し付けいただき。
NCM_8366.JPG
フィールも悪く、12万キロ走ってオイル漏れの懸念が出てきたそう。
所が、手持ちのZF Life6フルードが在庫切れで、オーナーの希望で、WAKOSをお持ち込みされたんだが?
これが、ZF Lifeguard(Shell M1375.4)に対応できるのか?ワコーズ本社技術部の方と、ディスカッションしてみて確認。オーナーの自己責任という条件と、要らぬ添加剤は一切使わないということで実施する事に。
(ここまで厳重に書くのは、ZF指定外なので、あくまで自己責任です!)
NCM_8367.JPG
出てきたフルードは、ブラックコーヒー(笑)

NCM_8390.JPG
数回ブラッシングする度に綺麗になっていく。

NCM_8375.JPG
ストレーナーとマグネット一体のオイルパンがギラギラ(^-^;)12万キロお疲れ様でした。

NCM_8379.JPG
VB側も充分綺麗になってきた。

NCM_8383.JPG
オイル漏れが始まっている、コネクターのスリーブジョイント。左側が純正。

NCM_8377.JPG
ちょっとブレブレですが、後方のロックスティックを引くとスリーブジョイントが抜ける。
このために、オイルパンを分解したようなもの。
ATF交換無用と言いつつ、このメンテが来るので、おおよそ10万キロ過ぎたら交換じゃねーか(笑)

NCM_8380.JPG
診断システムセットして、オイルパンも全部組んで、マニュアル通りフルード入れてエンジンスタートしようとしたら、パワートレインからの応答がなく?? インパネには大きくギアフォールダウンの表示(゚o゚;

???
NCM_8381.JPG
原因は意外と単純。オーナーが用意された社外品スリーブジョイントが粗悪品で、一見奥まで入っているようで、実は途中で差込が止まってしまい、コネクターの接触があと1mmぐらいで接続されていなかったという、お粗末な結果に(+_+)

もう一度分解して、ZF純正取り寄せて入れたら、先の妙な固さがなく、すんなりインストール出来た!

NCM_8387.JPG
フォールコードがウジャウジャ(笑)通信エラーですね。

NCM_8389.JPG
ライブデータ見ながら、液温をあげていく。
色々、指定された手順でシフトチェンジして40度で液面管理。

NCM_8388.JPG
最後に全てのエラーをチェックして、インターバルをリセット。
オーナーが試乗したところ、別物のフィールでスムーズになった!とお褒めを賜りました。
以外とやるなぁ!WAKOS

NCM_8392.JPG
次はE46が口を開けて待っている(笑)エアコン修理の夏。






今日もロアアームブシュ W124

暑い日が続いており、日々エアコンだのオーバーヒートだのに悩まされております。
NCM_7770.JPG
ガレージから、私のW126を朝方出そうとしたら、この表示(*_*;
やる気が失せそう。

NCM_7772.JPG
続いて入庫してきた、今回のお題のW124なんか、46℃って!
地表の照り返しをセンサーが拾ったとはいえ、やる気が消失しそうになります。

NCM_7807.JPG
そんな事も言ってられない状況なので、大汗かきながら。

NCM_7774.JPG
製造から21年。280Eは2度目のリアのロアアームブシュをメンテするべく、ジャッキアップ。

NCM_7776.JPG
前回のE320と同じく、カタカタになってしまっているではないか!

NCM_7779.JPG
抜いたのと、新品の信頼のLEAMFORDER製品。

NCM_7780.JPG
以前、ともきちさんに提供していただいた、特殊工具を魔改造して、しっかり固まったブシュも抜ける強度Upを施したツールが、こういうピンポイント作業で大活躍。ナックルをばらしてプレスかけるまでもない!便利。

NCM_7788.JPG
打ち直したブシュ。
乗り心地がこんなのひとつでシャッキリする。

このほか、定番のメンテはまた後日。





W124 マルチリンクのメンテ(お約束)

6月も末になってしまいました。

NCM_7350.JPG
相変わらず、沢山のメルセデス達に囲まれて・・時々イリーガルなレアモノも入ってきて。
身動き取れません(笑)
エアコンも片っ端から壊れだすこの時期。

NCM_7308.JPG
週末からスタートしている、W124お約束のマルチリンクの全交換・ブシュ打ち直し。
NCM_7310.JPG
なかなか進んでおりません。只今鋭意進行中(^_^)ゞ



より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ