珈琲・ティー

名古屋メシ

5月20日

午前中に仕事を終わらせ、一路名古屋へ。

そういえば、何十回も名古屋方面に行っているのに、一度も名古屋城を間近で見たことが無いな!っていう事で行って見ました。

Dsc_5948

ところが、入場門前でなんだか人が両脇に待ち構えています?

中にはコスな人、派手な人、和装の人?なんなんだ?

で、入場門のチケットチギリのねぇさん曰く、「名古屋おもてなし武将隊」っていうプロのコスイケメンが、メンバーチェンジしてのお披露目で、その出待ちなんだとか?

Dsc_5953

天守閣は4時までらしく、残念ながら丁度4時でしたので見られませんでしたが、至近距離で初めて見学させていただきました。

名駅周辺をウロウロしつつその夜、宿のある一宮へ。

夕飯はひつまぶしか味噌煮込みとも思いましたが、周囲には生憎それらしいお店が無く、中京以外では展開していないパスタ・デ・ココに入ってみました。

Imgp5024

ココイチの系列店らしく、ココイチカレーのソースが選べます。

Imgp5026

トッピングもココイチそのもの。麺は太めで、あんかけでもカレーソースでも合います。

これらを横から拝借しながら、私たちはビールを飲んでいたのでありました。

Dsc_5989

翌朝。7時前には既に欠けはじめていました。

Imgp5032

お世話になった宿の方々が代わる代わる見に来られ、宿の向かいのメゾンのご家族も見に来られ、宿泊していた職人さん風の方々も見に来られ。

前回、北九州の高速SAで観測していた時同様、見知らぬ人とも気軽に観測を通じて和気藹々としていました。

0709

7時も過ぎた頃、観測していて気が付いたのが、太陽の9時あたりの方向に黒い影が見えます。

レンズか素子のゴミか何か?かと思っていたんですが、どんどん太陽の高度が変わりレンズや撮像素子に写りこむ位置が変わっても写りこむのは?何なんだ?

07092

↑拡大

0721

もうひとつ、謎の影。7時21分頃の画像にだけ表れた、やはり9時方向に、今度は波平さんのアタマの毛みたいなものが一本出てました。逆プロミネンス?(笑)

これも撮像素子のゴミとかレンズのゴミとかじゃないようです。不思議だなぁ。

Dsc_6106_2

金環日食が解け始めたのが7時36分頃、良いモノを見させてもらいました。

Dsc_6149

それから遅めの朝食を頂くために、20分ほど車を走らせ、M-1グランプリ(モーワンっていうらしい)で銀賞を取った、COCORO CAFEさんへ。

朝から満員で、20分ほど待ち時間がありました。

Dsc_6144

ブレンドコーヒーやソフトドリンクなら350円から。

私はフレンチプレに入ってきた、コロンビア・サントォウリオ¥450をチョイス。

Dsc_6147

これにトースト・サンドイッチ2個、それにオニオンのドレッシングが美味しいキャベツサラダが付いてきます、すごいコスパだぁ。

連日満員、近所の方々が、チケット持って通うのもわかる気がします。

このあと湾岸方面まで走り、翌日の中間テストに備え早々に帰る我が一家なのでした。


久しぶりに

一日一アイアン

中部天竜時代からリニューアルした、JR東海のリニア・鉄道館へ行って来ました。

Dsc_6168

直線基調で無駄が無い、いかにもJR東海っぽい無機質な感じ。

Dsc_6207

100系の窓から望む922型(T3)。

昔、岡山や広島あたりで昼間留置されているこれを横目に、0系に乗って旅行したときを思い出します。

Dsc_6268

スハ43の連結部からは、EF58がでーんと構えてました。

当時北陸地方はEF58じゃなくって、本線ではEF70や81、支線からの遠征ではDE10なんかが・・・時にはDD13辺りが、非力ながら頑張って支線から本線に引っ張り出してきて、前に居たんだよなぁ。

懐かしい。

1000yen高速ラストデー 6/19後編

  千円高速のラストデー。 いつもの如く、突然に走り出した二匹。

今から2年前、ゼロ泊2日で大雨の中を皆既日食(九州北部では部分食)を見物せんが為だけに、平日にも拘らず往復1500キロを走破したことを考えれば大した事ではなく。

Dsc_1840

今回もがんばったPASSO 今回リッター17.3Kmとは・・・恐れ入り矢の鬼子母神。

73式でもここまでは燃費よくありません、4速だし。

Dsc_1838

↑前後しますが、ドリームさんのモーニングを食べ損なった犯人がこの南条SAの蕎麦。

Gon君はもっとヘビーな蕎麦を食べたのに、モーニングも入るとは恐ろしい健啖家。

Dsc_1865

さて、おかわりのエスプレッソマイルドを賞味させていただきます。

ドリームさんは盛況店ですが、このポットという設定で長居もでき、本当の常連さんには最高のサービスだと思います。

それからこの場を借りてm(__)mマスターと奥様には返ってお心遣いさせてしまい、ご迷惑をおかけしました。お土産恐縮です。

Dsc_1871 向こうから、Gon=左とN、N君の奥

それからもうひとつの目的。

舞鶴にいるN君を呼び出してみたら、ちゃんと西宮北口に来てくれました。

途中渋滞にはまったらしく、”30分以上遅刻したんで罰金よw”(出典:谷川流先生の作品)

Dsc_1870 甲風園踏み切り

Dsc_1872

そしてW124も健在。神戸まで遠征してきてくれました。

Dsc_1878

R43を東へ。 これから京都方面へ移動。電光掲示板にもしつこく「休日千円は今日でお終い!」と書いてあります。

Dsc_1888

どこへ行く?と考え・・・私以外は平等院に行った事がないとのことで、こちらへ移動。

Dsc_1896

天気予報に反し、時折青空が見える天気に恵まれ。

Dsc_1897

鳳凰がお出迎え。

Dsc_1910

ほんまに10円玉ヤー!と歓声を出す皆の衆w

このあと順路に従い、ミュージアムに入り、悠久の歴史に比べれば短いながらもこの場では一番長く、一時間以上文化歴史に触れ圧倒され・・・何度来てもただ圧倒されるスポットです。

Dsc_1948

時刻も4時近くなり、遅いお昼を周辺の茶屋で頂きました。

宇治だけに、蕎麦でも団子でも全てに宇治茶が絡んでます。美味しそうでしょ?

Dsc_1947

4人揃ってざる蕎麦。 お味は・・・・・ 観光地という事で。(決して不味いわけではありません)

Dsc_1951

今度は奈良線の103系も見ることが出来ました。 元気だったか?って声を掛けたくなるウグイス色は幼少の頃の国電を思い出し(当時101系も健在でした)

Dsc_1952

このあと宇治の駐車場の茶屋で、お隣奈良県製の宇治抹茶を使ったアイスを食べ、「この場所での一番のヒットだ」と、談笑w

残り少ない時間をワープするべく、ナビは渋滞回避でこんな竹林に挟まれた道を示してくれました、しかし趣があります。

Dsc_1954

国道1号線から裏道を通り、京都縦貫道・篠ICへ。表示は\0. 

Dsc_1958_2

ここの社会実験も今日で終了。反対の、のぼり車線は大変な混雑。

Dsc_1964

途中、縦貫道らしからぬ一般道に強制的に降ろされ、丹波の街を散策しつつ綾部を抜け・・・・

Dsc_1969

わち手前で。223系だっけ?この手のシリーズは、もうどうでもいい形式w

舞若道に入るといっそう寂しくなってきました。

Dsc_1985

ところが、カーナビはVICSの中の人が渋滞を叫んでいます????

N君曰く、「こんな所、よほど事故でもない限り渋滞するはずないよ。」

表示ではすごい渋滞なんですが、実際には・・・・

Dsc_1984

「速度落とせ渋滞中」の表示もむなしくガラガラw

多分、下り渋滞がちょっと前にあったんでしょう?実際、上り側は結構なトラフィックです。

Dsc_1987

全く渋滞にあわず、東舞鶴ICまで来ました。

ここでW124とN君とお別れ。

Dsc_1995

サザエさんブルーの始まる頃、小浜西ICまであっという間に到着。6/19現在、ここで終点。

一般道を敦賀まで移動。朝から蕎麦ばかりだったので、遅めの夕飯は、敦賀で餃子の王将w

Dsc_2007

北陸道を乗ったら、下りにも係わらず、また何時もらしからぬトラフィック。こんな混雑は、しばらくないと思います。

Dsc_2015

ラストの¥1000を表示する掲示板。

往復周遊約800Km お疲れ様でした。

1000yen高速ラストデー 6/19前編

6月19日、思い立ったが吉日

Dsc_1830

友人Gon君の車で(本当は私の73式で行きたかったんですが、エアコン無し・4MT・外観がミリタリー過ぎということで却下・・・・)夜明けと共に高速に乗っかり。

Dsc_1831

流石に早朝5時過ぎ。朝練には殆ど参加していないようです。向かうは西。 Go-West♪

Dsc_1832

今日(6/19)でこの恩恵も無くなるんですね。まぁ、今回は仕方ないでしょう。

Dsc_1842

とりあえずJCTでは、京都方面に転蛇。

Dsc_1843

前日、私は5年に一度の船舶免許更新の講習で一時間程睡眠学習w Gon君は職場で奮闘。お互い精神的、或いは肉体的に疲れてますが、この後のパラダイスの為に彼(Gon)を騙し、更に西へ。

Dsc_1845

意外とスイスイ、名神西宮までアクセスでき、午前九時。R43の路上にて。

Dsc_1850

一つ目の目的。珈琲屋ドリームさんに到着。久しぶりでかなりテンション上がってきました。

Dsc_1857_2

神戸在住のN西ご夫妻と懇意にさせていただいたお陰で、いまや超有名店にも懇意にさせていただける幸せ。(マスターもN西ご夫妻もそんなのはどこ吹く風w)

最初は定番の席に行こうかと思ってたんですが、先客がおられ端の席に陣取る事に。

いつ見ても雰囲気がよく、アニメ化してもディテールが良く出てます。

Dsc_1856_2

モーニングメニューがこれまた激安っ! 厚切りトーストだけなら50円から。

どのメニューもかなりお安く設定されていて、良心的です。

Dsc_1862

何はさておき、看板メニューのドリームブレンドをオーダーさせていただきました。

マイルドで甘い香りがすばらしい。

Dsc_1859

スクランブルエッグトースト・サラダ付きをチョイスしたGon君。ちょっとおすそ分けしてもらいましたが、卵がフワッツふわっで、トーストもメニューの写真より厚くてバターがたっぷりで美味。(来る途中、不覚にもSAで越前蕎麦なぞを喰らってしまい、食べる余裕が無い私・・・・orz)  スクランブルエッグトースト・サラダつき280えん!このボリューム。

Dsc_1864

次にたのんだのが、エスプレッソマイルドのポット。 店員さんは、同じコーヒーでしたらお代わりがお安い旨教えてくれたんですが、これも飲みたい一品でしたのでオーダーさせてもらいました。

そうこうするうち、となりのボックスには5人組の健康な男子(多分10代後半くらいか?)がメガネ率高く陣取りました。

彼らの手には、「消失」のクリアファイルや”京アニ”のものと思われるグッズ、手作りと思われる聖地巡礼マップが見受けられ、改めて人気の高さを知らされます。

その中の一人が、「俺が古泉のポジションだな」とか談笑していて微笑ましいんですが、Gon君には意味が判らないようですw

角川のノベル板も全て網羅している私は、もう突っ込みドコロ満載で可笑しくwww

つづく。

テイスティング

土曜の午後。

カメラマンを終えてそのまま出先から引き取ってきたジャギュアー?

ジャガーですね。 XJシリーズ。2000yモデルのV8 3.2リッターです。

Imgp0199

しなやかな足回り、ジェントルなエンジンフィールはすばらしいのですが、なんかしっくりこない印象がぬぐえず・・・・・

Imgp0209

そこへ先日チャージ系統をメンテしたばかりのE46が登場。これとS124の同時多発チャージ系統の不具合は後日書くとして・・・・

彼は、先日埼玉スーパーアリーナで、けいおんのライブに行ってきてお土産を持ってきてくれたんです。感謝。

Imgp0207

物販はほぼだめだろうとあけらめていたものの、パンフが買えたとの事で、わざわざ持ってきてくれました。

それにアキバにも寄ったとの事で、例のジャブロ珈琲豆も買ってきてくれ、もう感謝感激でした。

そこに、ハーレーに乗って、ともきちさんも登場。 ←コンデジで撮影したはずなのに、何故か記録されていない!SD-HCカードなのに、いつも使っているデジ一眼ほど記録速度が速くないから、せっかちに電源をきってしまうからなのか?class6のカードなのにぃ!

こりゃ、人員が揃った所でとりあえずジャブロを頂き、インプレッションの為に同乗してもらいます。

Imgp0211

ジャガーのJゲートをシフトしてもらい、早速試運転開始。

私は異音がなんとなく気になる助手席にて音の探索。

Imgp0218

足の挙動はそんなに変化を感じませんが、やはりギャップを超えたところでの異音を感じ、ボンネットを開けてみたら助手席のフロントアッパーラバーが朽ち果てていました。

Imgp0213

次にともきちさんに運転してもらい、E46のhadlf君を助手席に配置換えして、私は後部座席のチェック。

ここで判明したのが、天井の内張りの剥離や、リアのスタビライザと思われる微妙な振動。

それでも、乗り心地はすばらしく、後部座席の頭部のタイト感を除けば、すばらしいセダンだと思います。(ひとの批評を聞いていて、思った事をそのまま記すw)

このあと、入念にチェックしてみると、ZF製トランスミッションのオイル漏れや、同じくBMWと意匠がそっくりなパワステのホースからの漏れ(漏れ箇所までBMWそっくり)などマイナーなトラブルを多々発見してしまいました。

週末の顛末

この3連休は、内容ギッシリでした。

Ca3e0071

連休初日は休日出勤から。

とある山奥に引き取りに伺ったんですが、溶けたとはいえ、とんでもない量の積雪がありました。

Imgp0002

休日出勤のあと、溜まったW124などのメンテを順番にこなしていました。

Ca3e0078

毎度おなじみのスロットル悪チュエータ(←出典:ともきちさん)をリペア済みのものと交換したり・・・・

Imgp0004

おったん様のR230のステアリング交換などなど・・・・

ところが、SRSエアバッグをDASでだまして取り外し、ウッディーな純正と交換して再度DASでコードを消去したところ・・・・・

Imgp0018

過去に突然点灯して、一旦消去させたエラーコードが消えなくなってしまいました(涙)

どうやら、非常時に瞬間作動するロールバーのエラーがまた再発したようで、いままで車両内部でスキャンしていなかった部分が、今回のSRS系統のリセットで目覚めてしまったようです????

前回は安易に消去できてその後再発しなかったのに???何故?宿題です。

Imgp0005

気分転換に、ドリームさんから届いたばかりのブルーマウンテンNo1ブレンドを開封。

ものすごく良い香りが辺りに漂います。

Imgp0006

欠けが無い均等にローストされた豆を、手動でグラインドします。

Imgp0010

金属メッシュのドリッパーで泡立つ珈琲。すばらしいアロマ。これをダイムラー製M104エンジンの上で行うのはご愛嬌(笑)

Imgp0016

ともきちさんのW114とR230。ルーフの開閉の差こそあれ、どちらも美しいクーペです。

この日の夜はこうやって更けてゆきました。

続く・・・・

OFF会 11月21日

何故か???island cafe 主催でって・・・・wwww
なんだかともきちさんには、乗せられっぱなしで(笑

私?主催?・・・の、ちょいと古いメルセデスの走行会をすることになったみたいです。

日時は11月21日 朝我が家からスタートして、途中、徳光PAには0930だそうですよ。目印は、水色の縦目クーペと、エメラルド色のW126のSクラスかな?

私は天候関係なくOKですが、ともきちさんの貴重な一台は天候次第かなぁ・・・・?

お昼頃、琵琶湖パークウエイの、何処やらだそうです。

私はW126乗りですが普段はW211だろうがW220だろうが、軽四だろうがBMWだろうが大型でも何でも(お客様のですが)転がしているわけで、何ら参加(見物)に制約はありません。

詳細は、作戦参謀本部へ。





HTT

放課後ティータイムⅡ 初回限定カセット付き キターwwwww
Htt

笑うなら笑え!

濃厚な週末(笑) 友人達が集う楽しいひと時

  昨日は親戚のお宅に、先日亡くなられたばぁちゃんの遺影の写真拡大を頼まれ打ち合わせに伺いやや気が滅入っていて気分転換にと、その帰りに感じの良い、最近お気に入りのお店にお邪魔していました。

隣席のご夫妻がなんともいい雰囲気で、奥様は素敵なお着物をお召しになっておられ、チーズソムリエのオーナーが提供してくれるお酒とチーズで心地よい時間でした・・・・・NikonFばかりいじっていて、携帯で写真とるのを失念orz

帰り際、オーナーさんが一緒に店外まで降りてこられ、ひと時のお月様を見ていたのでありました。 ほろ酔いで高岡駅まで移動して終電にで家路に・・・・気持ちよく休む事が出来ました。この日の宵はもう満足!

翌日曜日の今日、今朝は清清しい秋晴れ。

Ca3e1095

ともきちさんのW114の最終的な燃料と点火系の調整を色々したり、マッチング回路を改造したり、燃圧安定のため、補助ポンプを付けてみたり。

Ca3e1106

90Km/h以上出なかった原因は、燃料ポンプの立ち上がりが不安定な事と若干の燃圧不足。それに、点火系のドエルアングルのチャージ時間が高速回転時に不足していた事が判明。

後日、この回路構成を機会があればUPします。

取り敢えず今はスイッチ切り替え式の仮設低速モード/高速モード切替式に改造しました。

そうこうしているうちに、お昼時。

以前から約束していた友人達を、前回紹介したお店に連れて行く使命を果たしてまいりました。

お店の前で、ウエイトタイムが30分。かなり混んでます。

Ca3e1098

早速着席して、いつもの店員さんに”ExtraHot!please. Ofcourace All members!”ってw

Ca3e1099_2

さっそくビリヤニとサラダ、タンドリーが運ばれてきました。皆、旨い!って食べてます。外を見るとウエイティングしている人が十数名に膨れ上がってます。

Ca3e1100

初心者の皆さんにはチキンをお勧めしました。チキンを頼んだ人は、そのボリュームに圧倒されていましたw

ほか、豆をチョイスした奴とマトンな気分だった私。それぞれ食べ比べ満足してました。野菜をオーダーさせなかったのが不覚だぁ。

Ca3e1101

お昼も食べ終わり、友人のE46で帰宅してみたら、なんだかバイクが増えてきました。

ここで、またE46&W650乗りの友人の約束で、ガンダムコーヒーのジャブロを頂ける事になっています。早速!

Ca3e1096

Ca3e1108

友人とも云っていたんですが、こういう企画物だから期待できないのか?と思いきや、しっかりした粒ぞろいの豆をこれまたキレイにローストしてあり、開封したらちゃんとアロマが漂ってきます。

Ca3e1107

ドリップしてみたら、泡立ちもよく・・・・

Ca3e1109

旨い! 意外でした。ヲタなコーヒー恐るべし。

Ca3e1115

さらに友人が行ってきた聖地巡礼の写真を見せてもらい・・・・・私も思わず「梓にゃーん!」(笑)

Ca3e1116

彼は、自分の愛娘に手作りのこんなTシャツを着させて聖地へ行ったようですw 熱いぜ!今度は鷲宮に行こうと約束する私と友人なのでした(笑

Ca3e1104

70年代生まれのKAWASAKI マッハⅢと、ほぼ同年代のW114。タイムスリップしたみたい。

Ca3e1112

さらに、ほぼ同年代の私のNikonF(FTnファインダーつや消しブラック改造)当時のデザインは全て個性的だ。

Ca3e1120

そうこうしているうちに、ともきちさんも参戦。自らアロイホイールのスタッドレスから鉄ホイールに渋い純正キャップのノーマルタイヤに交換しています。

そういえば、今年の春先はまだまだ寒く、スタッドレスが3月後半になっても換えれなかったんですね。

Ca3e1121

純正ホイールキャップが渋い!似合いすぎ!

このあと、高速でちょっと長時間の試運転。回路も燃料もセッティングが高速モードなので加速が楽しみ。逆にアイドル~低速域での進角が足りず、ミクスチャーが濃い目になってしまいます。

実際、素晴らしく加速してくれ懸念の90Km/hまでしか出なかった症状はなくなり、かなりのスピードレンジまで出るようです。

あとは、自動でセッティングを切り替える回路を作るまで。パルスカウンターにツェナーダイオードとCRチャージポンプ回路、あとはスイッチ用のトランジスタで簡単に構成できますね。

Ca3e1122

帰路につく前、コンビニの駐車場に居たUNIMOG

さっそく横に止めさせていただき記念撮影。

Ca3e1124

同じメルセデスでもこんなに違うんですね。

このあと帰路につき、充実した週末を終えたのでありました。

~Fin

蕎麦のはちみつ  ・・・・それから、バックオーダーでご迷惑を(人)

先ずはお詫びを・・・・・m(__)m
先月の梅雨明け以来、日に日にバックオーダーが増え続けるエアコンの不調に、オルタを始めとする電装品の過大使用によるのか?異常に頻発するトラブルなどなど。
それから猛暑定番の、オーバーヒートに冷却系の不具合など、本当に多大なご迷惑をお掛けしております。
そういった専門性が高いトラブルは、私が殆ど診させていただいておりバックオーダーが増え続けます。
3年前からW201のメンテを保留にしていたり、W202/E46などのエアコンもパーツ欠品で保留してたり申し訳ありません。
さて、もう時間なのでこの時刻はこれまで。
あとで、再度UPします 0823JST
Island


書こうと思い・・・・2日経過してしまいました。

太陽なんかキライだー(笑

さて、蕎麦のハチミツ。

先日ともきちさんからお土産で頂いたブツ。

Honey

これが黒糖の如く濃厚で、コクがあって旨い!

Honey2

先日お邪魔したお店のオーナーさんが最初に教えてくれた蕎麦の蜂蜜。

ハマリました。この夏は、塩を舐めて仕事をしてますが、朝にはこの蜂蜜をバナナにかけてエネルギー補給をさせてもらってます。

今日も仕事・・・明日も仕事っと(涙)

08/22 2234JST追記

盛夏

ここのところ、休日返上な私。

私は薄味が好みで、甘塩であっても塩鮭は塩辛くて、生鮭しか食べられない私。でも、ここ暫くはドリームさんの美味しい豆で水出しを自分で作ってポットに持参してがぶ飲み、さらにクレイジーソルトを極少量舐めてこの暑さをしのいでいます。

クレイジーソルトは計算するとナトリウムが80%で、あとはミネラルやハーブ類。このまま生で舐めても美味しいです。

体重も59Kg台が常用域になってしまいましたorz

Dsc_0085 

そんな中でも、暇を見つけて涼を求めて時々エスケープしている私なのでありました。

先日、ともきちさんと悪友Tが尋ねてこられるのを知り、以前から悪友Tと行って見たいなぁ?と思っていた10数時間抽出しているという水出しコーヒーのお店に。

このカウンターの一角にある装置が、抽出するマシンだそうです。許可を得て撮影。

D300+18-70 プログラムAE ISO1600 EV+0.3

Dsc_0094

この水出しは絶品! 今まで味わった事の無い濃いエキスが詰まった感じでした。

D300+ZeissPlanar50mm マニュアル 1/50 F2 ISO800 

この濃い逸品には、深くシャープでクール、空気感が再現されるレンズが最適と、即効で同時に持参していたF3からレンズを奪い取って、被写界深度をお思いきり深くして至福の瞬間をカット。ツァイスは描写がすばらしい・・・・今更。

それにしても、知らぬ間にお勘定を済ませてしまわれたともきちさん。どうもご馳走さまでした m(__)m

でも、今度からは割り勘にしましょうね(笑) 本当に紳士な振る舞いが身についている彼なのでありました。  多謝

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ