鐵道ヲタ

惜別 あけぼの号 新津にて

一日一アイアン(鐡)

今日ラストランとなった、寝台特急あけぼの号。

一週間前の3月9日。 一家が鉄道関係というかなり濃度の高い友人と、新潟県(秋葉区)新津駅まで片道300Km弱の弾丸撮影ツアーへ。

到着した午前1時。下りあけぼのを待つ。

Dsc_6159
午前1時半を過ぎた辺りから、到着するのを待つが、氷点下3度の外は寒い。

Dsc_8523
1:31 400mmDXモード(600mm相当)にて目一杯のズーム。
上りあけぼの号が入線してきた。

Dsc_6172
1:33ホームへ。 この日はEF81-137号機が牽引。

Dsc_6194
ほんの一分程の停車で、出発。
白飛びしているが、何故かこの車両だでサボが”カートレイン”の表示だった。
サービスなのだろうか?

Dsc_6215
上野まであと数時間です。

Dsc_6241
次に運転停車を待つ間、ホームを18mmで撮影。
味わいのあるホーム。

Dsc_6244
待つ事50分。
やっと入線してきた下りあけぼの。
下りのほうが、雪まみれなのは何故?おかしな気象の今年。

Dsc_6273
この日、下りは138号機だった。

Dsc_6279
乗ってみたかったなぁ。ゴロンとシート席。

Dsc_8533
このテールマークも、不定期になったらいつまで見られるのやら?

Dsc_6289
こちらもあと数時間で秋田ですね。
青森までは、さらに7時間かぁ。

Dsc_8546
さようなら、あけぼの号。

D800E or D300 レンズISO感度は適宜交換補正。

Ende

S124 300TE-4MATIC エンジンオーバーホール

随分と間が空いてしまいました。
おかげさまで、毎日色んなクルマや機械、イベントなどで必死に生きています(笑

Ncm_4064

年末年始にかけて行った、M103エンジンのオイルを吹き上げた症状の解説と、以前もUPしていたオーバーホールについて補足を。

Ncm_4272
高速を走行すると、ボンネットからモクモクと煙を上げて、オイルが焼けた匂いがして
まともに走れなくなったと訴えるオーナー氏。

ヘッドを分解してみて、わかった事が。
Ncm_4301
ヘッドガスケットは切れていない、抜けていない!
ヘッドにも歪みはない??

Ncm_4507
ヘッドを水圧試験してみたところ、どうやら6番気筒のエキゾースト側付近の何処かで
クラックが入っていて、そこからエキゾーストへオイルが漏れていたのが原因だった様子。
丈夫なM103では珍しい事例だと思うのだが・・・・?

Ncm_4510
今更、代わりのヘッドなんて・・・・・
実はストックしていた、私のW126にドンピシャのM103をorz
供出することに。

Ncm_4291
元のヘッドには、もうひとつ欠陥があって、ディスビローターの取り付けフランジも錆びてしまっていて、分解しようとしたら折れてしまったりと、何かしら問題がある個体だったようです。

Ncm_4540
仕様がないから、私の大事なwwwエンジンを分解して、ドナーとなるヘッドを摘出してみたorz

Ncm_4552
今更のエンジンなので、途中経過は省略するが、順調にくみ上げていき。

Ncm_4733
ドアのロックが故障していたり、

Ncm_4735
メーターイルミのレジスター故障(発火)を直したり。

Ncm_4645
破れてしまった、4-MATICの右フロントドライブシャフトブーツの内側。

Ncm_4656
これを工夫して、国産の割れるタイプのドライブシャフトブーツリペアキットを使い、
色んな改造して装着!見事成功。

Ncm_4726
どこかの電装屋が施したいい加減な修理のフューズボックスを直し。

Ncm_4728
さらに、パワーウインドゥやドームランプのコントロールリレーも、通電しっぱなしになった部分と不動になった部分の回路(ソリッドステート)を直して。

Ncm_4748
ほか、色んなトラブルをシラミツブシに直して、オーナーの元へ帰してやったのであった。

調子を戻し、順調に走ってくれていることだろう。


久しぶりの一日一アイアン
Ncm_4960
あと一年でJRから切り離されるであろう北陸本線。
その東の原点、直江津などへ暇があれば順番に巡っている今日この頃。

Ncm_4951
直江津の名店 通称:塚そばさんへ。

Ncm_4957
”掛けそば”と”かけ中か”なる、中華そばの麺をそばつゆで仕立てた、これまた懐かしい感じの逸品を頂戴して。

Ncm_4965
普通電車なのに、特急型189系を用いた、妙高号指定席へ。

この辺は、全てデジ一で撮っているのでそのうちリサイズしてUPします。

行ってよかったww

グランクラス乗車記


叔母を見舞い、またとんぼ返り。
盛岡滞在、僅か13時間。

NCM_3508.JPG
はやて32号グランクラスに飛び乗る。

NCM_3513.JPG
アテンダントがお出迎え。緊張(笑)

1384316607069.jpg
時間無く、朝ご飯もそこそこに移動していて、すぐにでも軽食欲しいが、先ずはウエルカムドリンク。
青森産林檎のシードル。

1384314164119.jpg
リラックスしすぎて、コールボタン押してしまった(笑)

1384315120020.jpg
ついでなんで、プレミアムビール(この便はヱビスだった)と、秋の和食の東京編をオーダー。料金に含まれていて、全て無料。

1384315275551.jpg
お品書きは10種類以上。松茸ごはんに始まり、鯵の塩焼き、食用菊とモズク、海老につくね団子にイクラに・・・
レベル高し。

スリッパは備え付け、アイマスクなどアメニティも沢山あるようだ。

1384321016066.jpg
降りたくないが、あっという間に大宮。
アテンザさんが、走り書きの感謝の手紙を見つけて、降車までの僅かな時間に、わざわざ挨拶しに来てくれた。ボタン押し間違い連発したお詫びなのにm(_ _)m

1384324174323.jpg
MAXとき E4系2階席。
行きのE2系より開放感があって、我慢できる。されどグリーンは無用(笑)

1384328159946.jpg
ほくほく線へは、681系一次車が待っていた。
今や、681でもレトロに感じるようになってきた。長岡京まで出で、485北越を味わいたかったが、時間が無く断念。

今朝訃報が入り、また近日中に陸奥へ行くことになった、晩秋の週末。



1日一鉄

岩手の叔母さんが病気。
そこで、急遽出掛けることに。
NCM_3424.JPG
クライスラージープのヒーター不良を、午前中にある程度まで組んだりして。

NCM_3434.JPG
14時台の、はくたか号に飛び乗り。

NCM_3435.JPG
少々のお酒と事務処理で気を紛らわせ。

NCM_3447.JPG
越後湯沢に近づくにつれ雪が現れてきた(゚o゚;

NCM_3455.JPG
大宮。ここまでのE2系は、通勤電車の様相。車内は指定席でもすし詰め。
一時間ほど我慢
NCM_3463.JPG
大宮で仕入れた肴で、やっとゆとりの空間。東北新幹線。同じE2系なのにどうしてこんなに圧迫感ないんだろう?

NCM_3468.JPG
大宮を出発してすっ飛ばし、仙台でやっと停車。ここからが各停になり、更に長い。

NCM_3473.JPG
お世話になりました。

NCM_3476.JPG
やっと着いた。盛岡近郊。
非常に寒いなぁ。

NCM_3482.JPG
今朝、寒さで目を覚ますと、晴れていても雪景色。

さて、明日はグランクラスでとんぼ返りだ。
気の重い旅行だけど、つづく。



秋の旅行 綴編(結局メルセデスは出てこないwww)

10/8普通電車の旅が続きます。

Ca3e02441_2
亀岡からスタートした普通電車の旅。帰路編。
旅の朋は、一杯の酒と、D800EにツァイスPlanar50mmマニュアルレンズをぶら下げて。
今回は、この画像以外全編マニュアルレンズで通しました。

Dsc_1739_2
京都で20分ほどの乗り換えがあり、ガラス張りの新しい駅舎をほんの少し散策して、懐かしい2番ホームへ。

14:45京都を出発した普通電車は、15:16近江舞子周辺まで来た。

Dsc_1750_2
湖西線経由の新快速は、あっという間に琵琶湖まで。
この風景見たら、帰るんだなぁって感じになります。

Dsc_1759_2
敦賀16:15 ここで休んでいるEF81(トワイライト仕様)が見えてきた。
ここで30分の乗り換え時間。酒でも仕入れようかと駅前を散策したけど、新幹線に向けて改装中で殺風景。

30分ほどの乗り換え時間を持て余し、16:45やっと乗り換えた電車は敦賀を出発。

Dsc_1772_2
武生を過ぎたあたりで夕暮れ。17:30過ぎ。

Dsc_1773_3
福井到着が17:46 すでに夕暮れで真っ暗になってしまった。福井での待ち合わせの約30分、今庄そばでも立ち喰いしようと思ったら、既に閉まっていた。早すぎね?

Dsc_1774_2
19:36
さらに90分程走って、やっと金沢。敦賀から171分(笑)
同じホームの向こうに455系が待っていた。乗り換え3分。

Dsc_1779_2
どっしりとしたW124みたいな乗り心地の455/475系電車。それ以西の新性能電車はプリウスみたいな乗り心地。
このキップにもたくさんのハンコが押されました。

高岡20:16着

Dsc_1784_2
さらにローカル線ディーゼルカーに乗り換え。キハ47は、そのローカル線区の地盤もあって、ウニモグみたいな乗り心地か?(笑)

Dsc_1790_2
超ど田舎の最寄り駅。といってもここからまた20分程移動せねばならず。
亀岡を出て、6時間半以上。時刻は21時に迫っている(笑)

ここで、U介君がわざわざウチまでE46ツーリングで迎えに来てくれて、いつもの溜まり場へ。

09:00pm この日の最終目的地着。

Dsc_1791_2
インド料理屋なのに、魚が待っていた・・・?

Dsc_1792
お頭の煮付け・・・・なんで?
どうやら、ここの店主が釣って来たらしい。

Dsc_1794
さらに、連休を利用して方々行っていた連中からの土産もあり、そんな土産の数々の中、日本酒が出てきた。

Dsc_1795
刺身が出てきた。インド料理屋なのに、一切インド的なものはこの日出ず(笑)

Dsc_1796
インド人シェフと、日本酒の杯を交し合い(笑)

Dsc_1800
蟹とサヨリのつみれ汁が出てきた。本当にインド料理屋なのか?

Dsc_1837
んで、リクエストにお答えして、厨房を借りて麺を打つ私。 このつみれ汁の出汁で食べたいとの事でナンの粉(アタ)で打ってみたら、灌水も無く強力粉も無く、スイトンとかうどんになってしまった(笑)

Dsc_1844
もう一人、インド人シェフもU子さんと寛いでます。

大阪→京丹後・北近畿→京都→北陸→インド?っていう旅でした。

PS:あー面白い!これだから辞められない、普通電車の一人旅。

秋の旅行 後編(メルセデスはほんの少しだけ)

10/7夕方。
メルセデスW124で迎えに来てくれたN君ご夫妻ありがとう。

不条理極まりない、icoca(Suica)の取り扱いのJR側との交渉もアホらしくなり、また彼らを待たせるのも申し訳ないので彼らのお宅へ。

Dsc_1632
そして、夜も更けいつもの”瓦(いらか)”さんへ。

Dsc_1634
つもる話をワイワイと、かなり呑んでしまいました。

Dsc_1637_2
京野菜の万願寺などなど。
非常にリーズナブルで、舞鶴の酒処はいつもここにしてます。

10/8 ちょっと呑みすぎた次の日の朝は、いつもよりスロースタート。

Dsc_1693
W124で今度は亀岡方面へ。
昨日ちらっと見えた、新幹線0系のアタマが気になると言ったら、そんじゃぁ行こうということになり(笑)

途中、国道27号を南下中、安栖里駅でKTR車とJR車(鉄道)の特急同士のすれ違いを発見。

止めてくれー!ってお願いしてたら・・・・ あれ?見たことのある車が通過していくではないか???

Dsc_1699_2
なんとミラクルな!
同じW124乗りのS田氏と彼女さんが、偶然にも同じルートを走行していたようでした。 この遭遇確立って、どのくらいなんだろ?

しばし談笑の後彼らと別れ、0系のアタマを探しにさらに南下。

Dsc_1702
山陰本線の、並河っていう駅の横に保存されていました。

Dsc_1707
おお!DD51型っていう大型ディーゼル機関車も保存されていた。
残念ながら、心無いいたずらでキャブの側面窓の状態はあまり良くないようです。

Dsc_1711
新幹線0系のアタマも、H97っていう謎の編成番号の書かれた、22形がいました。

ここでお昼。

Dsc_1721
亀岡に移動して、ご当地亀岡バーガーのダイコク・バーガーさんへ。
オレンジに黒の外装、中はパステルカラーのインテリアがステキ。

Dsc_1726

Dsc_1725
かなりジューシーで肉厚のバーガーでした。N君がセットで頼んだチリ唐あげも旨し。
サイチキンっていう骨付きチキンもジューシー。 本当は月見っていう某Mマークみたいなのを頼んでみたかったけど、友人には基本は京都ダイコクバーガーだと云われ、その通りに。
その友人達は、みつばちチーズバーガーとか変り種を頼んでましたけど。

01:30pm亀岡駅

Dsc_1730

Dsc_1733
13:56亀岡発普通電車京都行き
帰宅時間もそろそろ迫ってきたので、亀岡駅から普通電車での旅、リ・スタート
ありがとう、N君ご夫妻。また来ます(^^)ノシ

京都14:22着

Dsc_1738
京都まで26分の移動。ここからが長い!特急なら3時間も掛からないのに、普通だとここからは更に6時間ほど(笑)

さて、この続きも書きたいので、後日綴章をUPしようと思います。

秋の旅行 中編(相変わらずメルセデスがあんまり・・・)

10/7 02:20pm

Dsc_1571
カイエンを納車して弁天町からスタートした普通電車の旅は、保津峡の長閑な景色を眺めつつ・・・

Dsc_1576
亀岡を過ぎた次の駅で一瞬、0系のアタマとDD51?っぽいディーゼル機関車が見えました。

Dsc_1603
運転席の後ろに座っていたこの子も、ゆったりしている普通電車で眠くなったようです。
私も少し睡魔におそわれながら、そろそろ園部に着く頃。

02:43pm園部

Dsc_1617
嵯峨野線(山陰本線)の園部以北が何かと未知数な・・・・?この後、綾部方面に乗り継いだときにワンマンの車両内では、不穏なアナウンスがはじまりました。

ワンマン電車の運転席から聞こえてきていた防護無線によると、花園駅で人身事故があったとか? 女性指令が開局してきてなにやら慌しい。 もしかしたら同線区を使っている特急を通すために、この普通電車はこの先どうなるのやら?

また、suicaで弁天町から入場した私には、さらに次のようなアナウンスが追い討ちをかけてきた。
「園部より先では、icocaは使えないので、予め駅構内で清算するか運転士に早めに伝えて」って・・・

運転士に伝えたら、”目的地の駅で清算できるから大丈夫!”ってそっけなく?太鼓判押されたんだが、なんだか運転士は運転指令の無線の方にばかり気を取られているようで、それは気持ちはわかるんだけど。

04:11pm 綾部でさらに乗り換え。
ここまで弁天町から3時間、普通電車は人の乗り降りがあり、各駅で止まるからその土地の空気がわかって面白い。

Dsc_1626_3
16:35西舞鶴
遅れ気味だった電車が、回復運転で定刻通り西舞鶴まできました。接続する特急などは数本運休にしたらしく、おかげで順調にここまで来た。
終点東舞鶴まであと少し。

16:42東舞鶴着
綾部で乗り換えたこの日最後の鉄道は無事たどり着き、改札で清算しようと思ったら。
なんと、Suicaは他社カードなので弁天町の入場記録を消すから、現金で乗車券を買いなおせ!だと。

じゃあ、入場記録消しても構わないから、この間の料金をSuicaで払うと言ったら、ウチでは出来ないといわれた。びゅうプラザ(JR東)は払えるのに?

なんお為の非接触カードなのか? わざわざSuicaをチャージして支払おうと思っていたのに? こんなやり取りでまた、時間を食うなんてばからしい。もし乗客がこんな乗り方で、現金を持ち合わせてなかったら、どうするんだろ?

この非接触カードの取り扱いには、JR西さんはもっとしっかり対応して欲しいところ。
(それ以前に、使えない線区が混在するのも変な仕組みなんだなぁ)

Dsc_1631
やっと逢えた、友人N君夫婦とメルセデスW124。8月にメンテナンスしてから2ヶ月ぶりの再会。(やっとメルセデスが出てきました(笑))

さて、この週末も仕事だ この記事のUPは10/13 08:00 

つづく

秋の旅行 前編

10/6 06:00pm
ひょんな事から懇意になった、只今期間限定で埼玉から難しい大工事をしに来ているユースケ君と、同じ趣味同士?仕事上がりの疲れた体で金沢の湯涌温泉へ。

Dsc_1489

Dsc_1511
私とはひと回り以上歳が違うユースケ君。例のベンチでにやけてます。

Dsc_1498
今年も盛り上がってました(笑)
(注:ユースケ君はE46ツーリング、私はW126乗りですが、決して痛車にはしてません)

Dsc_1551
来年もあるんだろうか?湯涌ぼんぼり祭り

さて、夜も更け金沢の某有名No7餃子店で食事をして、深夜に帰宅。
お互い、次の日からハードなのに・・・w

10/7 06:00am

翌朝、夜中に降ったのか地面が濡れている。
餃子臭い息を一生懸命ブラッシングして(誤魔化し)一路関西へ。

Dsc_1557
北陸道~名神~京滋BPを抜けて、スタート時にはリッター4.8を示していたこいつは、納車時には6.8Kmまで上がってました。うーんエコロジー?www

大都市大阪まで、お預かりしていたポルシェで一人旅。

晴れ男パワーで、道中どんどん天気が良くなっていきます。良い事ありそう?

Dsc_1561
さて、この凄い豪邸にお住まいのすげーステキなご夫婦に納車させていただいたカイエンと別れ、一路京丹後地方へ。

01:00pm
普通電車の旅をスタートさせます。時刻は既に午後一時を回っている。今日中にたどり着けるのか?

Dsc_1564
敢えて西のテツのメッカ、弁天町からスタート。

弁天町から大阪~京都へと順調に乗り継いでいきました。ここまでは関西の大動脈だから心配してないんだけど、嵯峨野線(山陰本線)の園部以北が何かと未知数な・・・・?

Dsc_1579 
嵯峨野線14:30
複線区間を国鉄型がすれ違う。
この後、園部で綾部方面に乗り継いだとき、矢継ぎ早に不安な要素が出てくるのでありました。

今日は、今からまさかの4連日の飲み会にて失礼(笑) 
この記事をUPしたのが10/10 19:55

エアコンの夏と京都の夏 前後編  後

前編は近年に無い?まともなメルセデス満載の記事でしたが(笑)

Dsc_6710

後編は、何故か京都の夏になります。

というのは、この一連のエアコン修理の前後、つまりこの三連休の初日と二日目は京都へ行っていたからで。

こんな京都チックな風景を撮りつつ。

Dsc_6929

三条大橋から河原町の夕方を徘徊していて、見つけたのがほぼオリジナルな感じが素晴らしいシルバーのW123。京都周辺のナンバーではなく、中国地方に近い地域のナンバーでした。祇園祭りだからかなぁ?

 この写真を以ってメルセデスつながりって事で(笑)

Dsc_6927

そんな河原町で見つけたのがステキな立ち飲みのお店。

Dsc_6946

中にいたお客のお兄さんが、気軽に撮影してくれました。カウンターの向こうのママさん(私よりはるかに若そう)は、かなりステキな姐さんでした。

重いカメラですみません。 前のボトルにピンが合っているのも愛嬌。

日の出食堂 でも、”食堂”ではありませんね。

短い時間でしたが、楽しく過ごさせていただきました。今度”ガンディ京都部”として参ります。

こうやって、緊張を解いていたのでありました。というのは、とあるスポンサーさんからご招待されたのが、祇園のお茶屋さんだったんですね。こんな下っ端の若造が行くような場所じゃないのは重々承知な訳で。

お迎えのタクシーが来て・・・

Dsc_6955

何やら狭い小路をくねくねと案内され。

Dsc_6960

玄関はちょっと掲載NGかもしれないので、玄関を上がってすぐの生け花を。

もうこれだけでも、格が違います、非日常。

Dsc_6961

手入れの行き届いた坪庭。 改築前のウチにあった、とってつけた様な中庭とは大違い。

しばし沈黙・・・私。

でも、女将さんやコーディネーターの女性、それに芸妓さんたちのリードで、気分良くなっていきます。さすがプロフェッショナル!

盛り上がるうちに、写真の話になり、彼女ら(芸妓さん)が私や同行者のカメラを使い、上手く撮れる秘訣を解説してくれました。 さらに、扱いやすい同行者のミラーレスを使い、自分たちで撮影してみせ、これまた上手!

Dsc_7079

真似した角度がコレ・・・ うーむ?

↓にいさん(私)のは、ハレ(ハレーション)起こしてあきまへんわぁ。

Dsc_7081

本当は、色温度や被写界深度とかボケみなどを駆使したかたのですが、彼女らの言うとおりに撮影したほうが何故か綺麗。 見よう見まね(笑)

参りました。

完。

名古屋メシ

5月20日

午前中に仕事を終わらせ、一路名古屋へ。

そういえば、何十回も名古屋方面に行っているのに、一度も名古屋城を間近で見たことが無いな!っていう事で行って見ました。

Dsc_5948

ところが、入場門前でなんだか人が両脇に待ち構えています?

中にはコスな人、派手な人、和装の人?なんなんだ?

で、入場門のチケットチギリのねぇさん曰く、「名古屋おもてなし武将隊」っていうプロのコスイケメンが、メンバーチェンジしてのお披露目で、その出待ちなんだとか?

Dsc_5953

天守閣は4時までらしく、残念ながら丁度4時でしたので見られませんでしたが、至近距離で初めて見学させていただきました。

名駅周辺をウロウロしつつその夜、宿のある一宮へ。

夕飯はひつまぶしか味噌煮込みとも思いましたが、周囲には生憎それらしいお店が無く、中京以外では展開していないパスタ・デ・ココに入ってみました。

Imgp5024

ココイチの系列店らしく、ココイチカレーのソースが選べます。

Imgp5026

トッピングもココイチそのもの。麺は太めで、あんかけでもカレーソースでも合います。

これらを横から拝借しながら、私たちはビールを飲んでいたのでありました。

Dsc_5989

翌朝。7時前には既に欠けはじめていました。

Imgp5032

お世話になった宿の方々が代わる代わる見に来られ、宿の向かいのメゾンのご家族も見に来られ、宿泊していた職人さん風の方々も見に来られ。

前回、北九州の高速SAで観測していた時同様、見知らぬ人とも気軽に観測を通じて和気藹々としていました。

0709

7時も過ぎた頃、観測していて気が付いたのが、太陽の9時あたりの方向に黒い影が見えます。

レンズか素子のゴミか何か?かと思っていたんですが、どんどん太陽の高度が変わりレンズや撮像素子に写りこむ位置が変わっても写りこむのは?何なんだ?

07092

↑拡大

0721

もうひとつ、謎の影。7時21分頃の画像にだけ表れた、やはり9時方向に、今度は波平さんのアタマの毛みたいなものが一本出てました。逆プロミネンス?(笑)

これも撮像素子のゴミとかレンズのゴミとかじゃないようです。不思議だなぁ。

Dsc_6106_2

金環日食が解け始めたのが7時36分頃、良いモノを見させてもらいました。

Dsc_6149

それから遅めの朝食を頂くために、20分ほど車を走らせ、M-1グランプリ(モーワンっていうらしい)で銀賞を取った、COCORO CAFEさんへ。

朝から満員で、20分ほど待ち時間がありました。

Dsc_6144

ブレンドコーヒーやソフトドリンクなら350円から。

私はフレンチプレに入ってきた、コロンビア・サントォウリオ¥450をチョイス。

Dsc_6147

これにトースト・サンドイッチ2個、それにオニオンのドレッシングが美味しいキャベツサラダが付いてきます、すごいコスパだぁ。

連日満員、近所の方々が、チケット持って通うのもわかる気がします。

このあと湾岸方面まで走り、翌日の中間テストに備え早々に帰る我が一家なのでした。


久しぶりに

一日一アイアン

中部天竜時代からリニューアルした、JR東海のリニア・鉄道館へ行って来ました。

Dsc_6168

直線基調で無駄が無い、いかにもJR東海っぽい無機質な感じ。

Dsc_6207

100系の窓から望む922型(T3)。

昔、岡山や広島あたりで昼間留置されているこれを横目に、0系に乗って旅行したときを思い出します。

Dsc_6268

スハ43の連結部からは、EF58がでーんと構えてました。

当時北陸地方はEF58じゃなくって、本線ではEF70や81、支線からの遠征ではDE10なんかが・・・時にはDD13辺りが、非力ながら頑張って支線から本線に引っ張り出してきて、前に居たんだよなぁ。

懐かしい。

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ