« 暖冬 | トップページ | 111エンジン 異音がする »

寒波急襲・・んでもって、アイドル不調ばかり

Dsc_0345
今週になって、急に雪深くなりました。
なんだか、ニュースは平年並みだの平年より多い降雪とか、毎年のように云ってまして、何を以って”平年”なのか?定義がわからん。
ここ10年程の”平年”からすると多いかも知れないですが、
たかが50cm程積った位じゃ、昭和の豪雪を経験してきた我々にとって、こんなの朝飯前・・・
といいつつ、アラフォーの今となっては、この寒さ堪えますorz
気象が極端から極端に変わるこの頃。本当に異常です。
そして、またもや私の周囲で、若くしてお亡くなりになる方が出てしまい、もう何がなんだか??? やってらんねー

Dsc_0347
さぁて、今日も新たに入庫したのが1NZ系エンジンby与太
今週に入り、数台目のアイドリング不調でした。 急激な寒波で、アイドリングが止まるのが続出しております。
面白いのが、今期トラブルを起しているのは日本車ばかり。それも、コストダウンが一際加速した21世紀初頭のものばかり。

Dsc_0348
他にもオーバーホール中のスロットルボデーがゴロゴロし始めました。
左はK6A用のもの。クーラント温度の変化をバイメタルで開閉して、半ばメカニカルにバイパスエアーの量を設定してアイドリングしているもの。
右は、どっかで見かけたような・・・・ by駄●発のEF用。B○SCH製のスロットルアクチュエータが、電気的にエアのバイパス量をコントロールしています。

Dsc_0282

メカニカルなISCV(アイドルスピードコントロールバルブ)は、分解してみて、スラッジやガスケットの切れなどをリペアしてやれば治る場合もあります。

Dsc_0349
いつもV○LVOやBMЩで泣かされている電子スロットルは、内部の洗浄だけじゃなく、時にはプログラムの初期化などもしないと治らないでですね。
正に、スロットル悪チュエーター(出典:ともきちさん)ですwwww

さて、ようやく帰宅してヤレヤレと久しぶりにUPしました。
でも、こうやって美味しいお酒を美味しい肴と頂きながらUPできるのは幸せなんだなぁと思います。
逝かれた人々へ。 献酒献花、 献献。



Dsc_0355

一日一アイアン
スマホで先ほど撮影した、雪の中を疾走するキハ47の2連。
お気に入りの踏み切りと貨物ヤードの引き込み分岐で撮ろうと思ったら、スマホがダウン!
再起動直後に撮ったので、こんな中途半端なカットになりました。
この2両目(左)みたいに、最近コストダウンで復活した、首都圏色(単色)に塗りたくられたものが増えてきました。キハの首都圏色は違和感ないのですが・・・・・
これが455系など近郊型電車に、京浜東北カラーっぽい青が塗りたくられたのがみっともない!





« 暖冬 | トップページ | 111エンジン 異音がする »

日々の風景」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。本年宜しくお願い致します。不幸が続いて大変でしたね。
私も2歳年上の先輩が女の子双子(小6)を残し、病気他界しました。辛いですね。
”この世に神様はいない”と感じました。つい最近は嫁さんの知り合いの旦那さん
が年末に事故で他界...。まだ若いのに....。やるせないです。

そして、本日我がCLKのオルタが逝ったようです。メータークラスターにいきなり
警告等が点灯。ベルト切れではない...。オルタだ!!電気を使わないように何と
か我が基地に帰還できました。オルタ裏の電圧を測ると電圧が湧いていない。
オルタはずして、分解したが故障判定方法が不明...。ネットで調べたが情報が
がなく、どうもレギュレータ以外にリレーがあるそうな....。
BOSCHのレギュレータは良く壊れるとの情報もGET。もしお判りでしたらオルタ
の故障判定方法を教えて頂けますか。分解しましたがブラシは問題ないようでし
た。レギュレータは外れましたが、その周りの部品ははずれそうにありません。
小さな四角い部品は見えましたがこれがリレー??レギュレータの判定方法
も全く不明...。是非お助けをお願いします。

一日一アイアン
雪原が車窓の光に照らされてとても幻想的です。子供の頃に読んだ“銀河鉄道の夜”を
思い起こしました。そして雪深い札幌の山奥で過ごした思い出までも・・・。

“スロットル悪チュエーター”で泣かされるのは外車ばかりではないんですね。
ちょっと意外でした。

ところで今日、「はやぶさ」カプセルの展示を見てきました。
夕方から出掛けたためかじっくり眺めることが出来ました。
特別な物が自分の目の前にあるのは不思議な感じでした。
勿論技術的な裏付けが有っての成功なのでしょうがあの小さいカプセルが
役目を果たして帰還したのは技術を超えた何かを感じました。

まだ雪は続くのでしょうか。
どうぞご自愛下さい。

おくちゃんさま、こんばんは。
全く神様は試練を与えすぎですね。つい先日も私の子(双子)とすごく仲の良いの同級生のお父さんも、突然亡くなったりしてさぞや無念だったと思います。
さて、R170のオルタだと多分VALE●製の140Aあたりではないでしょうか?W202と共通だったような?
B●SCHだったら太いB線と、L(IG)線の2線ですから、B端子にバッテリー電圧が印加されているのを確認するのと、L端子にはIGN-ONで12Vがくる事を確認すれば良いと思います。
ところがVALE○製はL端子のほかご丁寧にS端子などもあるので、迷いますね。
それでも取り敢えずL端子に12Vが印加される事を確認してください。
あとDFM?だっけ?自己診断的な信号出力端子もありますが、これは計測できませんね。
リレー??? IGNオートスタートで作動する、サーキットオープニングリレーの事かしら?
それだと、キースイッチ裏のVD○製あたりのが怪しいのかな?

320TE青さま、いつもありがとうございます。
スロットルボデーは、燃費・排ガス対策で再循環させられたりして、どうしても汚れがちですね。
電子スロットルなどは、内部モータが突然死んだりして内外問わずトラブルばかりです。
はやぶさの展示をご覧になれたなんて、羨ましい。
私は昨年折角の機会を逃し、ついに日本の技術屋の底力を見ることができませんでした。
2年後にはやぶさ2を上げるらしいですが、また訳の判らんパフォーマンス女(政党)の餌食にならない事を祈るばかりwww
雪は降り積もります、多分今週も。 
でも、こんなの幼い頃から経験している豪雪に比べたら可愛いものです。
北陸本線を疾走する681/683系は、多少雪が深いと窓が割れたりします。
それに比べ485系は、新製当時は毎年豪雪が当たり前みたいなものだったものだから、殆ど割れない様です。


早速のコメント感謝いたします。人生いろいろありますね。つらい事も.....。
オルタ裏のバッテリーにつながっている端子は約11.5Vでエンジンスタートも健全であれば13V付近まで
上昇すれば問題ないと判断しますが、オルタ裏の端子ダイレクトでエンジンスタートも11V程度まで下がり
メーターには、「オルタ・バッテリー故障」が表示されてしまいます。オルタを外し、オルタ裏面カバーを外して
レギュレーターを摘出しましたが診断方法が不明なのです。レクチファイアー??とやらにも三相のコイルが
端子が顔を出しており、計6端子見えますが、何処と何処が接続されているか全く判らず....。ローターには、
ブラシが2つあるので、こいつはローター用電磁石用励磁端子だと推測されます。当方のオルタはBOSCH
、90Aでした。まずは、レギュレーター単体の交換ですかね??

おくちゃん様、走行距離はどんなもんでしょうか?また、ブラシ部分にオイル漏れのオイルは付着してませんか?
それから、この症状から鑑みると、恐らくはボルテージレギュレータICだとは思います。
もし正常であれば、スタート後14V位まで上がらないといけませんね。11Vだとレギュレータ電圧が出ていませんね。
レクティファイアは、単なる整流ダイオードのブロックで、ステータのR・S・T各位相に正逆でダイオードが挿入されていて整流しています。
中には中性点にもひとつダイオードを入れて、効率を上げているものもありますが、6個でしたら単に全波整流でしょう。
点検方法は、ステーターはR・S・T各点をダイオードから分離して3極間で充分導通があること、
またケース側とステーターはメガオームオーダーで絶縁している事です。
ローターはブラシがあたる部分が清潔であること。また、先のステータコイルの絶縁が悪い場合、ブラシの削り屑が付着して、絶縁を妨げている場合があり、エアガンなどで除去してみましょう。
レクティファイアは外観をチェックしてみて、シーリング部分に焼けが無ければ滅多に飛んでいる事は無いと思います。
普通にテスターで、順方向と逆方向を調べても良いです。
レギュレータICは調査方法はあるのですが、かなり煩雑で専門的な知識も要るのでチェックはしづらいと思います。
(実際に電圧を印加してみて、さらに可変させて調べてみる)

管理人様

早速のご連絡ありがとうございます。走行距離は約70000km程度です。ちょっと逝ってしまうのが早いので
ファンベルト切れを疑いましたがそうではなく、オルタ単体確認ではベアリングも問題なく、リアハウジング開冠
するも、オイル付着、ブラシ磨耗、ローター側リングの磨耗もなく健全でした。レクティファイヤー部の脱着は不
可能なような圧着でコイルリードが6箇所固定されておりました。 
R/S/Tの三相全波整流ですね。了解いたしました。明日にでも整流DiのVF確認を行ってみます。ローター
励磁用レギュレータ単体の交換でいければ良いのですが...。想像するにACを整流してDC化さらに定電圧14
Vにして、ローターブラシ2端子で+、-を加え、ローターを励磁していると想像しております。
まずは、明日VF確認後問題ないようでしたらレギュレータを交換してみようと思います。ありがとうございました。

本日会社から帰宅後、外したオルタと格闘しました。各相の整流DiのVFを測りましたが、一相ショートモード
でした。管理人様のご指摘の通り、シーリング部分にクラックが...。レクティファイヤー部のステータコイルを留
めている圧着部分を外し、レクティファイヤー単体確認しましたが、整流Diは黒こげ。
コアを外し、ステーターコイル単体を摘出し、各相の導通確認では問題ない模様。レティクファイヤーとトランジ
スタレギュレータの交換を行ってみます。新しいレティクファイヤーが届くまで、ステーターコイル先端をやすり
で磨き準備しておきます。ありがとうございました。

おくちゃんさま、お早うございます。
ダイオードが一相ショートでしたか!走行距離から考えると、品質の問題だったんでしょうねぇ?
品質的に当たりのオルタは、10万キロ突破しても問題なくて、ブラシが距離相応に磨耗して
15万から20万キロ位でダメになる場合が多いようです。
あとは、渋滞とストップアンドゴーが多くて、夏は酷暑だったりする地域は持ちが悪いようです。
バッテリーも瀕死のものを使い続けると、放電を補うために充電量が過多になり、壊れますね。
BMWなどに多い、プーリーにクラッチが内臓されているものは、ここ北陸では厳寒酷暑と極端
な季候で、機械的に壊れやすい傾向にり、滑りが発生しがちですね。

逝ってしまったオルタですが、無事修理完了しました。BOSCH 90Aです。
念のためレクチファイヤーとレギュレーターはBOSCH純正をチョイス。ステーターとローターの掃除のために
分解清掃しましたが、レクチ側のベアリングのカバーがボロボロ、BOSCHに問い合わせるとベアリングセット
で部品供給とのこと。(とんでもない値段)すかさず、ベンツパーツに問い合わせるとベアリングカバーのみ供
給可能。
月曜日にレギュレーター手配、月曜日夜に分解清掃でレクチ異常発覚、火曜日追加手配、火曜日夜にステ
ーター、ローター清掃、塗装中にベアリングカバー損傷発見、水曜日手配、即日ベアリングカバーGET。
金曜日にレギュレーター、レクチファイヤー入手、金曜日夜修理完了。土曜日テスト走行問題なし。
日曜日テスト走行問題なし。治った。。。3歩進んで2歩下がる1週間で精神的に疲れました。


111エンジンのウッドペッカーノイズ、当方も修理済みです。ダンパー上を触るとノイズが止まるので、こいつ
だなと判りました。当方の場合はダンパーの取り付け穴部分の劣化だったような...。

最近は、電装の専業店でも自社でのリビルドはしたがりませんね。
激安のリビルド業者が乱立しているのが第一の原因なんでしょうけど、未だ品質が悪いものがあったりと、怖いです。
また、皆さん”電気”というだけで敬遠しています。 たまに診断させてみても、とんでもない所からわざわざ難しい箇所から始めたり、
スキルが無いのにデジタルテスターでうわべだけ計測して余計に混乱してみたりと、オマエそれでもプロなのか?と疑いたくなる輩ばかり・・・ 愚痴になってしまいました。
そう考えると、おくちゃんさんのように、ちゃんとダイオードとか、オルタのスイッチングとか考察して修理されている方は素晴らしいと思います。
大きい声では云えませんが、最近のメカニックは・・・??? おっと、これ以上云わないでおこうw

一時はリビルト品も視野にいれましたが、どんな部品が使われているか不安を抱えて乗るより、ちゃんとした
??部品を使って安心して乗りたいと思いDIYです。最近、ネットオークションでBOSCH製90Aが破格値で出
品されているのを見ましたが怖くて手が出せません。よく故障するエアフロとか燃料ポンプとかオルタとか精
巧にコピーされているもが乱立しているとの情報ありで注意が必要ですね。
一度、予備にOEM品のエアフロをネットで購入しましたが標高に高いところでストール。純正に戻すと全く問
題なし。う~ん。。。しかし、ベンツは細かい部品まで出ますね。いつも感心します。こまかい部品まで出るの
で部品管理とか何やらで部品代が高くなるのは多少しょうがない気がします。
おっと、こんどは車庫シャッターリモコン故障。送信機電池交換でもダメ、予備送信機でもダメ。ということは、
受信機??予備受信機に交換するもダメ。ということは外部アンテナ?受信機端ケーブルにテスターを取り
付け、外部アンテナ端でオープン、ショートするも問題なし。送信機、受信機、ケーブルは健全。あとはアン
テナ?外乱ノイズ??本日も夜に格闘です。
ヒィ~ヒィ~~!!

お久しぶりです(´∀`*)ポッ
アドバイスいただいたお陰で、つい先日の紀伊半島旅行を1800kmノントラブルで走りきり、燃費最高記録まで出ました(^o^)

それにしましても、オルタネーターをさくさくと修理してしまうおくちゃんさんもスンゴイけど、的確に言い当てる管理人さんってやっぱりスンゴイですわ〜(σ・∀・)σ ホントに助かりました…感謝ですm(^Д_)m

W124E280Tの過去燃費最高記録は、今回は高速のみで出来るだけフットブレーキやアクセルを踏みすぎないように、ほぼクルーズコントロールだけで状況に合わせて1km/hずつ徐々に加速、必要に応じて解除〜再設定徐々に加速…ということを繰り返す運転にトライしてみた結果でした。速度は状況に合わせて90〜ぬふわくらいです。走行距離約320kmです。この時は約12km/Lという記録で、給油したレベルが違うために誤差があるとは思いますが、これくらいならば無理せずに狙えば出せることが判りました。もしかしてこんな燃費最記録は、KEジェトロではちょっと無理かもヽ(。Д゚)ノ?  どうおもわれますか?(´∀`) b

いえいえ。ある程度年配でスキルある人ならば、この位サクサクとやるのだと思います。
私の様な若輩者では、よほどのもの好きしかやりませんが(笑)
でも昨今の経済事情などを考えると、人件費や保証で安価なリビルドに走るのではないでしょうか?
Kジェトロではやはり無理な数値だと思います。
また、我が家のW202ワゴンでも、クルーズコントロール使うと意外と燃費が悪いので、車種で違うのではないでしょうか?使用せず遠出するとリッター14Km台を出した事もありますね。
以前使用していたW124のLHモトロ車では、高速ではリッター13Km程度でした。
燃料高騰の折、燃費走行もまた由w

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199158/53839235

この記事へのトラックバック一覧です: 寒波急襲・・んでもって、アイドル不調ばかり:

« 暖冬 | トップページ | 111エンジン 異音がする »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ