« GWまで、時系列を遡り・・・・・ 破 5/7 浜松・豊橋へ 其の壱 | トップページ | 1000yen高速ラスト »

献血・・・・・ 今は過剰なのか?

どうもm(__)m 日々、叱咤激励を受けていますが、どうも今回のインパクトは大きすぎ未だ本調子ではありません。メルセデスネタをはじめ書きたい事、楽しい仲間たちとのショートジャーニーや会食など多々あるんですが、どうも折れてます。

さて、昨日の話。

現在メンテさせていただいているW211のパーツが届かず、またW124のパーツも問屋さんたら間違っちゃって、パーツが適合せず。ひとり悶々としておりました。

Ca3e0051

どうやらW211のパーツはその日には届かないかも知れないという情報があり、午後から地元の献血ルームに行ってきました。

震災以来、こんなこと位しかできないので、前回の移動献血車で400ml取ってもらってから最短のタイミングで成分献血させていただきました。

ところが我がW126で高速に乗った瞬間からなんかイヤーな前兆。

高速1000円ポッキリが終わるのを惜しんでか?かなりのトラフィック・・・・「低速」不全症候群の私のW126は、アクセラレータを開けて欲しいらしく、エンジンがイライラしてましたw彼女にはまるで意思があるようです。

Ca3e0054

なんとか間隙をついて走行車線から追い越し車線にシフト。同じくイラついた内外の車が追従してきました。

あっという間に時間短縮。0.146ma@1013hPa・80°Fのおかげでしょうか?

Ca3e0055

さて、市内の渋滞にはまり、W126の水温は最近の株価に反し上昇。強制補助ファンを起動。何とか水温が80℃より一つ上の指針でおさまり、ちょうど今時の対ドル相場くらいのレートを行ったり来たりw、でもここからが大変。

献血ルームがあるのは駅ビルで、そこの駐車場は立駐。しかもかなり無理やりの設計らしく田舎なのに暗く狭く、前を走っていたFit(GD1~3系)が、1690mm未満のスレンダーなボディながら、やっとのことで対向車をかわしていました。

こっちは全幅1820全長5m超(笑)それでも持ち味のキングピン角度の切れのよさのお陰と、左ハンドルの見切りのよさで、迫り来る左側の駐車車両やコンクリート製の柱ギリギリを地形追従飛行して苦を感じません。

その行列に続く事20分、6階までクライムして、やっと駐車スペースをみつけたものの・・・・・

これが5m超のボディじゃ鼻面が他の車よりでてしまいます。なんとかお尻を壁際ギリギリまでねじ込んでヤレヤレ。

そこからがまた大変。献血ルーム待合室には沢山の人達。こりゃ何時になったら俺の血漿・血小板が吸い取られるのやら・・・・

受付を済ませ、待合室内でノートPCにて伝票整理していたら係りの女性が、「お忙しければ今日じゃなくても良いです」みたいなことをのたまう???

いつもそんな事仰らないのに、なんか変だな?

飲み放題の自販機は良いとして、いつもより人数対お菓子の比率が少ないような???

ま、それが目的じゃないので私は黙々とブラック珈琲・濃い目をベンダーにインプット。

やりかけの当月分の伝票と先月分の伝票再確認が出来るほど捗りました(待たされましたw)

一時間後、比重や血圧を計測され、やっと吸い取り開始かとおもいきや・・・・曰く「混んでいてお時間かかりますので、しばらく待合室でお待ちください。」と吸血のプロの女史。

Ca3e0056

さらに「きめ細かくお構いできない状況なので、また違う日に来ていただいても結構ですよ」とまで仰る。

どうやら、最近ものすごく献血される方が増えたようです。でも、受付では、A型の成分が不足気味なのでって、成分献血のフルコースをお願いされたのに???

それからさらに数十分。やっと順番が来て無事採取される躰がDVD+液晶モニタ付きベッドの上で横たわるのでありました。

Ca3e0058

お土産を頂いて、充分な水分を無料ベンダーから採るように云われ、またもやブラックmax濃い目をダブルw

お菓子も食べるようすすめられましたが、甘いのしかなく(当然か?)辞退して帰路へ。

Ca3e0059

薄暗い立駐のなかで、鼻面ひとつ出たW126と共にまた高速に乗りましたが、ここでヒヤリとする事が。

恐らくサンデードライバーであろう、中京圏の車が追い越し車線を優雅に走っていて、ウインカーを右に出して譲ってくれるよう催促したんですが・・・・

1キロ近く走っても気が付かないのか?走行車線と並走して優雅に走っていらっしゃるw

やっと気が付いて、走行車線に入ろうとする最新鋭の国産ミニバン。ところが周囲を気にせず入ったものだから、危うく走行車線をスピードリミッターという足かせのついたセミトレーラーのタンクローリー直前に割り込み、後ろで見ていた私もヒヤリ。

第一石油類を満載した(ガソリン)ローリーにつっこまれると、悪くするとタンクのライニングを破損したら恐らく私達も誘爆に巻き込まれるかもしれません・・・・・背筋が凍りました。

来週で1000円高速は一旦終了。 東名や阪神高速なみの混雑はおそらく収まり、またもとのトラクター(農耕用・・・・ウソ)が走れそうな閑散とした風景になりそうです。

« GWまで、時系列を遡り・・・・・ 破 5/7 浜松・豊橋へ 其の壱 | トップページ | 1000yen高速ラスト »

日々の風景」カテゴリの記事

コメント

献血、お疲れさまです。
こちらでも献血ルームが混んでいると聞きました。
そう言えば毎年この時期に献血車が勤め先へ回って来ていたのですが今年の未だ日程がハッキリしていません。

W126の取り回しの良さは流石ですね。以前、国産車に乗っていたころ友人の操るW126(300SD)に追随し都内を走ったことが有りましたが狭い道でもスイスイ入っていく姿に驚いたことがありました。

320TE青様こんにちは。
献血は今過剰状態なんでしょうか?
だとしたら、ちゃんとアナウンスしてほしいものですね?
そういうニュアンスを伝えたら、「突発的な不足もありうる」のだとか。なるほど。血小板は4日しか保存が利かないとかで、強くお願いされました・・・・でも、もう少し態度を考えてくれたほうがよいかも?
320TE(W124/S124)なんか更に、小回りが利きますよね?この辺が実用車として素晴らしい設計だと思います。
只今、W211の診断ついでにRES中。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199158/51936565

この記事へのトラックバック一覧です: 献血・・・・・ 今は過剰なのか?:

« GWまで、時系列を遡り・・・・・ 破 5/7 浜松・豊橋へ 其の壱 | トップページ | 1000yen高速ラスト »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ