« W124 エンジンオーバーホール 完結編 その1 | トップページ | リサーキュレータ »

W124 エンジンオーバーホール 完結編 その2

前回の続き。 千ちゃん号のW124、 カムシャフトからの異音問題でてこずったM104エンジン。

P9050013  フロントカバーまでばらしてみた所、特に異常はない様子ですが、一点気になるのがチェーンのたわみです。

このたわみは今まで診て来た個体と比較すると、若干はたわみ量が多いものの、誤差の範囲内であるような気がしていました。

しかし、初めのヘッド組み付け時に、チェーンテンショナーの張り量で若干悩んでいたので、ちょっと引っかかっていました。

P9050014_2 音を聞いた判断から、可変バルブタイミング機構の部分を分解してみました。

チェーンを付けたまま、インテーク側スプロケッットにある機構を分解。

最初に、ソレノイドで引っ張られるプランジャー部分を取外しました。

内部のスパイラル・スプラインギヤの組み合わせが見えてきました。

P9050015 バックラッシュは皆無。 非常に美しいギヤです。

このスパイラルを遅らせたり進めたりする事により、バルブのタイミングが変わる仕組み。

その進延は、プランジャを電磁的に引っ張ったり解除したりする事により、テンションを変化させ、行っているのが判ります。

電気的な信号を調べてみると、回転数増加に合わせてリニアに電圧が上がっていく機構であるようです。

続きはまた後日。

« W124 エンジンオーバーホール 完結編 その1 | トップページ | リサーキュレータ »

」カテゴリの記事

コメント

カムシャフトの異音の原因は、何だったのでしょうか?

原因はメカニカルなチェーンテンショナーが破損のため(通常だとプランジャー式のピストンは一段目で止まる筈が伸びきってしまう)、チェーンに異常にテンションがはってしまい、そのまま長年使用していたため、やはり規定値よりチェーンが伸びていたことが判明。
原因がわかれば、あとは簡単なんですがそこまでの経緯が解らず苦労しました。

ご返事ありがとうございます、整備士をしていますが あまりベンツなど整備したこともなく 困っていました。 同じように 1300回転位で異音がでます、そしてカムシャフトのセンサーの配線を抜くと音が止まりますが、同じようにタイミング チェーンの伸びと考えてよいのでしょうか?

また 新品のチェーンを繋げる時の工具何が必要でしょうか? 
      よろしくお願いします。 オオタ

オオタ様こんばんわ。
多分センサーを抜くと止まるのは、回転数がKEモトロのコンピュータに信号が行かなくなって、エンジン回転が一時的に不安定で音が出なくなるのでは?
チェーンの伸びかどうかはわかりませんが、可能性はあると思います。
チェーンをつなげる工具は当然必要ですが、板金ハンマーと当金でリベットジョイントの頭をうまく潰しても同じです。私は以前はそうやって接続して・・・・って書くとまた純正工具云々(w)という輩がいるんでこれ以上申し上げません。
その辺は貴方も整備士ということで、ご自身の責任において行って下さい。

w124所有しています大ちゃんといいます。
宜しくお願いいたします。
ヘッドガスケット交換してタイミングチェーン合わす所なんですが吸気のスプロケの位置が合わなくて困っています。
吸気スプロケ逆時計回りで4mm穴ヘッド面合わしでセットして2回転回すとズレます。
可変バルブだからですか?
カムテンショナーのスパイラルのギアーの分、動きます。
これは、おかしいのでしょうか?
スパイラルのギアの奥のスプリングが悪いのでしょうか?
クランクTOP,カムのスプロケあわしたら2回転まわしてもズレないのでしょうか?
教えていただけませんか?
お願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199158/16459951

この記事へのトラックバック一覧です: W124 エンジンオーバーホール 完結編 その2:

« W124 エンジンオーバーホール 完結編 その1 | トップページ | リサーキュレータ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ